熱中できることを仕事にしたかった。

仕事とは何か?

社会とは何か?

その頃は何も分かっていなかったと思う。

自分で会社を起こそうとは一切考えてなかったし、やり方もわからない。

だけどこのまま普通に会社員として人生を終えるのは何か違うとずっと思ってきた。

野球が好きだったので、グローブ職人になろうと思った。

電話してみたけど、すぐに断られた。

拒否されるとすぐに引き下がる性格だ😊

そこまでの意欲はなかったのだろう。

あまりに悩んで、大森駅のステーションデパートの非常階段にあった占いコーナーに行ってみた。

何か人に物を教える仕事をしなさいと言われた。

僕は正直勉強は大の苦手なので、人に教えるなんて滅相もないと思っていたが、料理人になろうと思うと伝えるとそれは良いですね。と言われた。

なんで料理人になりたいと思ったのかというと、当時あまりにも残業が多いので、午後から出勤しろと言われ、昼間のワイドショーを見ることが多かったのですが、そこで必ず料理コーナーがあって、そこに出ていた「たいめいけん」という有名なお店のオーナーがオムライスを作っていたのを見て、そういえば、俺オムライス好きだな〜と思って料理人になることにしました😊

食べることは好きだったし、洋食はなんだかかっこいいと思っていた。

昔から欧米に対する憧れは大きいのである。

今思えば、料理人になりたかったというより、有名人になりたかったのかな〜

と今思います。

生まれ変われるなら芸人さんになりたいと思っています😊

なんか話が滅茶苦茶になってきた。

とにかく誰にも邪魔されず、圧倒的な何かを作って人を楽しませたかったんだと思う。

いや俺はここにいるんだよって言いたかったんだと思う。

それは今でも同じだ。

いやみんなそうだと思う。

人から認められたい、そして人の役に立ちたい。

みんなそう思ってる。

その欲が強いか強くないかただそれだけだ。

僕はそれが人より少し強かった。

だから少し違う道を選んだ。

ただそれだけだと思う。

現状はどうあれ、間違ってはいない。

ただ自分が思う道を突き進んだだけだ。

後悔などあろうはずはない by イチロー